【RIBBON SKY】 /我那覇一史WEBギャラリー〜沖縄の画家「我那覇一史」が贈るスピリチュアル・アート・ワールド






HANABI



ハナビ
313mm×398mm 水彩紙





小さい頃、山下清が好きだった。
近くのデパートで展示会をする度に連れて行ってもらっっていた。


ちぎり絵の天才?日本のゴッホ?
・・ふ〜ん、よく分からないケド。
ただ、彼が手で色紙をちぎって貼り付けている姿のイメージと、
その色達の折り重なるさま・・
その自由で素朴な感じが好きだったんだと思う。


岐阜県の飛騨高山で、山下清が歩いたという線路を歩いてみた。
初めての場所だけど、何だか懐かしい気分になった。


これはその日の夜に描いた作品。
心の中で山下清に会い、笑い、一緒に花火を見た。


山下清はやっぱり自然だった。
もう傘も下駄も必要いようで、ポイっと下に投げ捨てた。

その姿は〈何も持たない強さ〉を持っているように見えた。






大好きな山下清の様に
自分もいつも自然でありたい。





(2006年)

次の絵一覧前の絵










copylight kazufumi joly ganaha all lights reserved. never reproduce or republicate without ritten permission.