Wedding Lights (ウェディング・ライツ)





Wedding Lights
550mm×300cm 水彩紙





【友へ】


私の友人にH君という後輩がいました。

誰にでも分け隔てなく接する穏やかで優しい人柄でした。
さらに身長も180cm以上でイケメンだった為、男女問わず誰からも好かれる人気者でした。

私は以前バーのマスターをやっていて、彼はそこを2年ほど手伝ってくれていました。

そんな彼がある時、体調が悪くて入院しました。
「最近ちょっと体調が悪かったんっすよ〜 すみません心配かけて」と、いつもの明るい笑顔。
何だ元気じゃん。まあ、これなら大丈夫だろう、と思って話をきいていると病名はガンでした。


驚いた私に彼はこう言いました。
「マスター、皆には黙っていて下さい。マスターのお友達やお客さんに心配はかけたくないんで・・」


退院したあとも何度かバーのカウンターに立ってくれました。
手術はキツかったとは思いますが、それでもカウンターに立つといつもと変わらず穏やかな笑顔でした。

バイクのハーレーが好きで、通院中のある日私の所にカタログを持ってきて
「遂に念願のハーレー注文しましたよ〜」と少年のような顔で笑っていました。

ビーチパーティーに行った時には、20cm以上あろうかという大きな手術痕を見て、うちのチビ達が
「H兄ちゃん、このけがどうしたの?っ!?」と聞くと、ニヤリと笑い、大げさに立ち上がって
「実は昔、海賊だったんだー」
「うそ〜っっホントに〜!」
とギャーギャー騒ぎながら遊んでくれました。



そんなH君が先日天国に旅立ちました。

大きな器と大きな愛をもった素晴らしい男でした。

この絵を描いているといつも彼を思い出し、筆を持ちながら涙がこぼれ落ちました。

私はH君から沢山の事を学びました。


この作品を、私の大切な友人H君。
そして彼を愛してくれた沢山の人達へ捧げます。






(2009年12月)

次の絵一覧前の絵










copylight kazufumi joly ganaha all lights reserved. never reproduce or republicate without ritten permission.