エンシェント・ストーリー





Ancient Story〜古代の物語〜
800×650mm 水彩紙 他





10年前に書いて、ある所に行っていた作品なのですが、最近面白い巡りでまた私の元に戻ってきました。


そこで今回、絵の形は変えずに色だけを塗り替えました。まだ未発表の作品ですので、一応新作として公開します。
これは地球に人類が誕生した時の様子です。




絵を書き始めて1〜2ヶ月の頃でした。
ある時、メッセージ/イメージがやってきたのですが、その情報が膨大なもので、「動画なら表現は可能かもしれんが・・これを絵で一つにまとめるのは無理だろう!?」というものでした。


もし野球で例えるならば、800本記念ホームランの瞬間を一塁側のカメラ、三塁側のカメラ、ホームベース後ろからのカメラ、球場全体のカメラから撮った映像を同時に見せられて、「はいコレ、絵で書いてね♪ ヨロシク〜バイバーイ」と言われた感じです(^^;


ただ、その頃には「世の中に偶然は1mmもない」という事には気づいていたので、自分が見たという事は、自分にこれが書ける、という事だ。しかしどうやって・・・これを一つの絵に・・・無理だろ・・って、ん?

あれ?・・無理なら一つにしなければいいか!うんそうだ、よし!分けてからくっつけちまえ♪

という事で出来上がったのがこの作品です。






額縁も背景と同じ色で塗りました。
それぞれの絵は5cmほど背景から浮かして、貼り付けています。










順番をつけるならこれが【1】です

まず最初にレーザーのような強烈な光が地球にぶつかりました。
レーザーの周りにはピンク色の渦巻き状のものも見えました。
光が衝突した反対側からは何かが抜けて(飛ばされて?)いました。










【2】

それは地上からはこう見えました。
光の球体が回転しながら迫ってきます。
色は白ですが、白と言っても「様々な色を含んだ白」という感じでした。
これが近づいてくる影響なのか、地表の植物達もぐんぐん伸びていました。










【3】

それは、少し違う次元(もしくは視点)ではこうも見えました。

乾いた大地に命の雫(しずく)、あるいは魂、種のようなものが注がれました。
真ん中の女性の足元のぐるぐるの真ん中には卵(卵子?)のようなものがありました。
【1】の絵は、男性的なエネルギーとの受精の瞬間なのかもしれません。

ちなみに、この時まで私は地球は男性的なものだと思っていましたが、
これを書いた時に地球は女性性だと知りました。


左上の赤い星は火星、右の黄色がかった星は金星です。
この種、命は、火星や金星を経て、またはその経験と知恵を両手に抱いて
この地球にやってきました。


最近、火星には過去に文明があった、という証拠が発見されてきていますね。
これからもっと見つかると思います。

金星には物理的な生命体は(多分)いません。
いるのは肉眼では見えない存在達です。
大きな貝の裏側ってエナミル質の七色に輝くキレイな部分がありますよね?
私の感覚では、あんな感じの光の色をした存在がいます。


-----------------------------


この絵を書いていた当時、【1】と【2】は書きながら何となく理解できたのですが、【3】の絵は正直言って、意味が分かりませんでした。
その時は上の火星と金星はただの赤い丸と黄色い丸で描いていましたが、今回久し振りに見た時に、これが火星と金星だと分かったので、それっぽく塗り替えました。




全体図の中央にある小さな丸は、陰陽のマーク
陰陽マーク ←コレ
を水色とピンクで書いていましたが、今回統合して一つの丸にしました。
形が変わったのはこの部分だけです。



背景の渦巻きは・・・まあ、なんでもいいですね(^^) 見た方が感じて下さい。
ただ、背景はこれでなければならなかった、というのは確かです。








(2014年4月)

次の絵一覧前の絵










copylight kazufumi joly ganaha all lights reserved. never reproduce or republicate without ritten permission.