Believe it (ビリーヴ・イット)





Believe it
310mm×395cm 水彩紙





これはBAR時代から、映像がはっきりと出ていた作品。
当時は自分が書く絵だとは思いもしませんでしたが・・


一人ぽつんと木の下に佇む女の子に「おいで」と手を差し伸べている男の子です。場所は小さい頃からいつも遊んでいた近くの海辺。


これまで夕焼けは意識的に書きませんでした。
が、この作品で解禁。
書かなかった理由は・・いずれ「私の少年時代」的なコラムででもお伝えしましょう。


この絵を見て、あなたが想う誰かを思い出してくれたら・・
そしてほんの少しでも、優しい気持ちになってもらえたら嬉しいです。





(2010年3月)



2014年4月追記


今日の夕方、そろそろギャラリーを閉めようと、夕焼けを眺めながら花壇に水をやっていると、お客さんがいらっしゃいました。
バイクに乗った20代半ばの優しそうな男性です。


ヘルメットを脱ぎ、ゆっくりとギャラリーを廻ったあと
『これを下さい』と、この作品 Believe It を指しました。


絵を用意しながらお話を聞いていると、昨年この絵のポストカードにメッセージを書いてプロポーズしたそうです。
この絵によく似た沖縄の海岸で。

そしてめでたく結婚されたとのこと。

「おお!良かったですね〜 おめでとうございます!」
と、更にお話をきいてると、その日がなんと昨年の今日との事!


「だから最初の記念日には、この絵のちゃんと額に入ったヤツを
 アイツに贈ろうと決めていたんです」
少し照れくさそうに笑いながら、くしゃくしゃのお札を出してその若者は言いました。


私はこれを聞いた瞬間、本気で感動してしまい涙が出そうになりました。


自分の作品をこんな素敵な事に使って頂いた喜びと共に、この方の本当の真心や優しさが私の中にも伝わってきてとても幸せな気持ちになりました。



今日の沖縄は快晴で、夕日がとてもキレイでした。
この素敵な夫婦に、この夕日のような優しい光が永遠に降り注ぎますように・・・
心からそう祈りました。


2つのものがひとつになること。
人生とは、本当に美しいものですね。







(2014.4-15)
作家サイン

次の絵一覧前の絵










copylight kazufumi joly ganaha all lights reserved. never reproduce or republicate without ritten permission.