LIVING DREAM (リビング・ドリーム)





LIVING DREAM
183mm×456cm 水彩紙





寝て見る夢。
起きて見る夢。


前者は「いいね!」とよく言われます。
後者は「へぇ〜(コイツ、大丈夫か?)」とよく思われます。


この絵は後者。


もし私が精神科に「いつも何か映像が見えるんです」と相談に行けばきっと「なんとかカントカ病」とか病名をつけられるのかもしれません。
あー、画家で良かった(^^;


でも時々周りを見渡していて思います。

なぜみんな、自分の浮かんだ美しいイメージや、美しい生き方をあまり信じないんだろう?
こんなに美しいイメージや、素晴らしいライフスタイルを感じているのに、自分以外の誰かがつくった常識や習慣に流されるなんてもったいない〜!と。



私は小さい時から、夢を見ている時は「ああ、夢だな」と認識している事が多く、今でも、夢と現実をあまり極端には分けて考えていません。
多分どちらも真実で、多分どちらも自分のイメージの中にある幻、の様なものだろうと思っています。



夢の中では何かが起きた時、その瞬間に自分が「こうなるんじゃ?」と思った通りの展開になっていきますよね?
また、途中で目が覚めても、すぐにまた寝れば、その続きが見れますよ。


今あなたがいるその場所も、実は夢の延長線上にあるのかもしれませんよ?


せっかくの人生です。自分を信じて自分のやりたい事を、やりたい様に生きて、なりたい分だけ幸せになっていいと思います。

人生はその人が行動すれば、その人のイメージ通りに進んでいきます。

そう。

「夢」と呼ばれている世界と同じように。


私が知る限り、幸せな流れに乗るコツはただ一つ。
常に自分のど真ん中に「愛」を据えること。
きっとそれだけで十分です。



みんながHAPPYに。そして
みんなが「夢のような人生」を過ごせますように・・・









次々にイルカに乗り込む子供達とネコ
今夜は満月。イルカの背に子供達が乗って遊んでいます。
こんなに月の美しい夜は、一緒にお散歩に出かけませんか?








屋根の上で月をするシーサーとガジュマルで遊ぶキジムナー達
木の上では沖縄の妖精、キジムナーがくつろいでいます。
屋根の上ではシーサー達もお月見中。








風にそよぐ青い水晶のような木
今回の作品で私が印象的だったのがこの青い木。
最初はこの木が無い状態で「よし、完成」と筆を置きました。

しかし、絵を見ているうちに、
右側に青白い、薄紫のクリスタル状のものが浮かんできました。
それを「木と風に舞う木の葉」として描いて完成。
今となっては、この絵にこの青い木が無いというのは想像できません。

海の部分も全体的に光っている、という雰囲気が出せたと思います。
「生きている海」という感じで、かなり気に入っています。







 (2009年7月)

次の絵一覧前の絵.










copylight kazufumi joly ganaha all lights reserved. never reproduce or republicate without ritten permission.