Re:member
255mm×380cm 水彩紙





まず白紙を前にして。

何を描くか、全く決めずに色を塗り始めた作品。

まず青を塗ったらそれが空になり、銀河系のような渦巻きが出てきて、
それを描いたら次は下が夜景になって、
観覧車が出て、地球が出て、月が出て・・・

マンタが飛んで、イルカが飛んで、子供達が背に乗って・・・

出来上がったらこうなりました。

最近は展示会や巨大壁画が忙しかった事もあり、この作品の完成まで1ヶ月以上かかりました。
一枚描くのにこんなにかかったのは久しぶりかも。
結構細かく書き込んであるので、拡大図(ほぼ原寸大)でご紹介します。






絵の左側。
地球と月、そしてマンタやイルカの背に乗って遊ぶ少年達。
青いズボンの子は、かなり乗りこんでますね。

マンタとイルカに乗って遊ぶ少年少女





右側。
ハートの観覧車と発車する銀河鉄道。
ちなみに観覧車の動力は電気ではありません。
なにか自然の動力?で、宙に浮かんだまま静かに回っています。

銀河鉄道とハートの観覧車





中央の丘に光が射し、銀河やその上の光とも繋がっています。
写真ではよく分かりませんが、水の部分と陸の部分の質感にもこだわってみました。
この辺りはぜひ生で見て頂きたい作品ですね。

中央公園かららせん状の光の粒子







(2009年5月)

次の絵一覧前の絵










copylight kazufumi joly ganaha all lights reserved. never reproduce or republicate without ritten permission.